ニュース | 詳細

[重要]アリーナ再延期について

いつもゴシックは魔法乙女を遊んでいただき、誠にありがとうございます。製作総指揮の池田です。

2015年4月にリリースされてから、『ゴシックは魔法乙女』が多くのお客様に支えられながら4年目の半分を過ぎた今、これまで幾度か開催したリアルイベントでのスコア大会では、オフラインならではのお客様の熱量を肌で感じると共に、ゆくゆくはゲームスポーツとして昇華させていきたいと常々考えておりました。

かねてより、ご案内してきたケイブ初のリアルタイム通信を用いた対戦型シューティング(以下、アリーナ)については、どうしたらオンライン上でもワクワクできるような対戦感を創出できるのかを開発メンバーと苦心しながらコンテンツ制作に邁進し、この感触のイメージを少しでもお伝えできればと思い、先駆けて情報を公開させていただきました。

アリーナにおいては単純にゲームとしての面白さだけでなく、我々が目指すゲームスポーツとしての醍醐味である「応援や観戦としての面白さ」「スタープレイヤーの創出可能な大会要素」といった盛り上げのための仕組みが必要不可欠であると考えておりますが、現段階でのクオリティについてギリギリまで精査を行った結果、現行の要素を更に追加、ブラッシュアップする時間が必要であると判断しました。

公開されたリリース日を覆すことになってしまいますが、上記の理由により、「アリーナ」の開発を再度延長させていただき、また「アリーナ」をゲームスポーツとしてのモードとして再設計し、「ごまおつスポーツ(以下、「ごまスポ」)モード」と名称を変更いたします。今後は段階的にバランス調整を兼ねたβテストを順次行い、本サービスを遅くとも来年の春までにはリリースできるよう鋭意開発を進めて参ります。
期待をしてくださっているお客様へお詫び申し上げます。
今後につきましては、詳細の発表まで今しばらくお待ちいただければと思います。

日頃よりゴシックは魔法乙女をプレイしていただいている全てのお客様、また貴重なご意見をお送りいただけるお客様には大変感謝しております。
運営チーム一同、これからもより良いサービスをお届けし、お客様に長く楽しんでいただけるようこれからも努めて参ります。

少し早い年始の挨拶となりますが、2019年も引き続き「ゴシックは魔法乙女」をよろしくお願いいたします。

製作総指揮 池田恒基

今後とも「ゴシックは魔法乙女」をよろしくお願いいたします。